『高島ちぢみ』リブランディングについての記者会見、無事に終了いたしました。

高島晒協業組合の理事長の川島、この度のリブランディングのディレクターをお願いした 株式会社オールユアーズの代表取締役の原様、そして、この件の窓口として担当している平山の三人が会見に臨みました。

新聞記者の方々、その他関係者の皆様をお迎えし、質疑応答もなかなか活発に行われ、高島ちぢみのついて理解がかなり深まったと思われます。

 

新しいロゴについても発表されました。

”TAKASHIMACHIJIMI” 八角形のロゴです。

ちぢみに携わる機屋が6社、プラス高島晒協業組合と(株)オールユアーズさんとで 8社です。それで八角形です。

それを 琵琶湖に置き換えて、琵琶湖の西部高島の部分を塗りつぶしました。高島の位置を感じてもらうためです。

井戸の井のような縦横の線は織物を表します。写真ではわかりにくいのですが 線は すきまが開いています。それは強撚糸を表します。

そして色は、まさしく琵琶湖のイメージの青です。琵琶紺とでも言いましょうか? 深いブルーです。

TAKASHIMACHIJIMIの規定をしっかり決めて ここでしか出来ない生地作りをしていきます。

とりあえず 11月18日、19日東京での JFW JAPAN CREATION 2020 にて 展示させていただきます。

 

長々となってしまいましたが、とにかく 新しく生まれ変わろうとしている

TAKASHIMACHIJIMI

よろしくお願いいたします。

 

記者会見で私が聞きかじってきたことを書いてみました。私は事務担当で、織物に関しては素人です。

なので、間違っていたらまた直していきます。付け足すこともまだまだあります。

また、わからなことなどありましたらお気軽にお問い合わせください。

最後までお読みいただき感謝します。